書籍のご紹介

来待ストーンに所属している客員研究員などによる、来待石についての考古、民俗、地質、産業などに関する調査・研究書です。ご希望の方はお問い合わせ下さい。

書籍のご紹介

来待ストーン研究 9  (2008年10月出版 1,500円税込)

タイトル
作者
岩屋寺石造物調査報告
岩屋寺石造物調査団
石材、石工についての悉皆調査に基づく雲南および周辺地域狛犬と
石見独自狛犬の関連について
永井 泰
神社石造物を中心とした記念銘を有する石造物についての概報
廣江正幸
来待石製大型石塔調査(補遺)
-松江・洞光寺宝篋印塔、牧志摩宝篋印塔ー
松江石造物研究会

来待ストーン研究 8  (2007年5月出版 1,500円税込)

タイトル
作者
1.鉄器と鉄の生産 -島根県内の弥生時代
〜中世の遺跡から特に松江市域の製鉄関連遺跡に留意して-
石井 悠
2.大田市を中心とする石見の狛犬分布及び、その歴史的変遷について
永井 泰
3.神社石造物を中心とした紀年銘を有する石造物についての概報
廣江正幸

来待ストーン研究 7  (2006年12月出版 1,500円税込)

タイトル
作者
1.出雲地方の来待石製狛犬の分布および歴史的変遷について
永井 泰
2.来待石製大型石塔の出現とその歴史的背景
-松江藩主堀尾氏のもたらした石造技術-
松江石造物研究会
3.鳥取県米子市・清洞寺跡五輪塔群
佐伯 純也ほか

来待ストーン研究 6  (2005年10月出版 1,000円税込)

タイトル
作者
1.城上神社狛犬および、周辺地域狛犬・石造物について
永井 泰
2.来待石製石龕の成立と展開〜江戸時代前半を中心に〜
樋口英行
3.鳥取県米子市淀江町福平の来待石製宝篋印塔
中森祥
4.玉湯・報恩寺の石塔群
西尾克己ほか
5.玉湯・上福庭家墓所の石塔
樋口英行ほか
6.宍道・川島家墓所にみる石塔の変遷 〜石龕から竿状石塔へ〜
稲田信ほか
7.美保関町内の石造物
〜神社に奉納された近世〜近代初頭の鳥居・灯籠・狛犬など〜
石井悠
8.米子市内における来待石製品
〜明治時代のビール工場における使用例を中心として〜
佐伯純也

来待ストーン研究 5  (2004年3月出版 1,000円税込)

タイトル
作者
1.鳥取県名和町の宝篋印塔
中森祥
2.広瀬.祖父谷丁石塔について
樋口英行ほか
3.宍道・金山五輪塔群について
稲田信ほか
4.平田・小早川正平墓と興源寺周辺の石塔について
西尾克己ほか
5.湖陵町の石塔について
野坂俊之
6.島根県簸川郡多伎町所在の石塔
守岡正司
7.多伎町の近世石造物
松尾充晶

来待ストーン研究 4  (2002年8月出版 1,000円税込)

タイトル
作者
1.伝土御門親王墓宝篋印塔について
間野大丞
2.松江市・安國寺所在の石塔について
岡崎雄二郎ほか
3.湖陵町の神社石造物の調査について
西尾克己ほか
4.中・近世の来待石石塔の分布について
樋口英行
5.鳥取県西伯町の来待石製宝篋印塔
中森 祥

来待ストーン研究 3  (2000年10月出版 1,000円税込)

タイトル
作者
1.玉湯町内における石工名のある来待石石造物について
勝部 衛
2.宍道町岩屋寺所在の紀年銘のある宝篋印塔について
間野大丞
3.宍道地区神社石造物の調査について
西尾克己ほか
4.紀年銘をもつ来待石製品
多根令己

来待ストーン研究 2  (2000年9月出版 1,000円税込)

タイトル
作者
1.産業遺跡「伊奈石」について
樽 良平
2.顕微鏡で覗いた来待石
沢田順弘

来待ストーン研究 1  (1998年7月出版 1,000円税込)

※来待ストーン研究1は完売しました。
下記の「
書籍ダウンロード」から無料でダウンロードできます。

タイトル
作者
1.石と人 〜来待ストーンミュージアムに期待するもの〜
高安克己
2.中世石造物の調査方法について 〜五輪塔、宝篋印塔を中心に〜
間野大丞
3.石造物悉皆調査の調査方法について 
〜宍道町来待地区に所在する神社での調査を例として〜
西尾克己ほか
4.石造物紀年銘と古文書史料との関連について 〜来待神社を例として〜
多久田友秀
5.石狐に刻まれた丁字模様
多根令己
6.隠岐の来待石造品について
多根令己
7.松江・田原神社の児連れ獅子像について
藤脇久稔 岡崎雄二郎