冬季企画展『 石と水 水の都の来待石 』

企画展「石と水 水の都の来待石」ちらし

 

火山灰や砂が海底に堆積し、約1400万年前に形成された来待石(凝灰質砂岩)。

来待石は、古くから様々な用途で活用されてきた、出雲地方の伝統的な石材です。

今回の企画展では、来待石と水との様々な関わりや、水にまつわる石造物、石製品を紹介・展示します。

また、令和6(2024)年は辰年であることから、水と関わりの深い霊獣として信仰されてきた龍の伝承や、その姿を彫刻した来待石製の石造物などについても紹介します。

 

  • 主  催  (一財)宍道湖西岸森と自然財団 モニュメント・ミュージアム 来待ストーン
  • 後  援    来待石灯ろう協同組合
  • 協  力  (公財)交通文化振興財団 交通資料調査センター 
  • 開  催  2023年12月20日(水)~2024年3月11日(月)
  • 時  間  9:00~17:00(最終入館は16:30)
  • 場  所  来待ストーン ミュージアム展示室
  • 料  金  一 般:390円 / 小中学生:190円
  • 休 館 日  毎週火曜日(火曜祝日の場合は翌平日)・年末年始(12月29日~1月2日)
  • お問合せ  モニュメント・ミュージアム 来待ストーン TEL:0852-66-9050

pdfファイル「企画展「石と水 水の都の来待石」」をダウンロードする(PDF:11.0MB)